どうすれば天職がわかるか

私がひとりひとりの天職を見つけるプロフェッショナルと言われる所以の1つとして、その人のささいな特徴を職業と結びつけられるということがあります。このスキルがなければプロフェッショナルとは絶対的に言えません。 例えばサッカーが好きだからサッカーに関わる仕事、スポーツに関わる仕事が向いている可能性があるというのは当たり前のことです。...
私は職業上、キャリアに関する質問をよく受けます。 その中で 「天職は一生変わらないのですか?」と質問を受けることがあります。 一生変わらないから天職なんでしょと思う人もいるとは思いますが、実は本当の天職が何年も先になると別の職業に変わることはあります。...
仕事というのは嫌なもの、仕事はしたくないものというのが普通である。こんな風に考えている方はいます。 特に年配の方に多いです。昭和や平成の初期はそういった考えが一般的でした。 現代になっていくうえで仕事を楽しめたらいいだとか、仕事を好きになれたらいいという理想を求める人が増えてきました。...
天職を知るためにどうすれば良いかという質問はちらほらメディアでも目にします。 それに対するよくある回答として「いろんなことにチャレンジ(挑戦)してみる」というように言う方がいらっしゃいます。 それが最もよく聞く回答です。...
好きであるとか夢中になれることは天職を考える上で大切にしたい項目です。 好きこそものの上手なれということわざがありますが、まさにその通りです。 好きなこと夢中になれるこというのはやっていて楽しいことだと思います。主体的に取り組めるし、疑問点を解決したりスキルを身につけることが自然とできたり楽しくできるのです。...
天職を考えるときに短所はなるべく排除し、長所をなるべく活かせる仕事を選ぼうとするべきと考える人は多いと思います。 確かにその一面もあります。 しかし、実は短所にもしっかりと着目することが大切なのです。 短所の中には長所が眠っていてそれに気づいていない人が多いのです。 これはとてももったいないことです。...
天職を知る上で自己分析は欠かせません。 自己分析とは簡単に言うと自分自身を知ることです。 自分自身のことを最も知っているのは親でもなく親友でもなくキャリアコンサルタントでもなく自分自身になります。...